樹脂成形用金型とその作製方法

開放特許情報番号
L2013001410
開放特許情報登録日
2013/7/10
最新更新日
2013/7/10

基本情報

出願番号 特願2000-229680
出願日 2000/7/28
出願人 株式会社ブリヂストン
公開番号 特開2002-036246
公開日 2002/2/5
登録番号 特許第4526669号
特許権者 株式会社ブリヂストン
発明の名称 樹脂成形用金型とその作製方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 樹脂成形用金型とその作製方法
目的 台車等の運搬手段に搭載される樹脂成形用金型を、精度良くかつ短期間で作製する方法を提供する。
効果 現物を作製することなく形状確認を行うことができるとともに、映像化した3次元CADデータに基づいて適切な加工データを作成することができるので、金型の加工精度を向上させることができる。
金型の作製範囲を最小限(製品のキャビティ面近傍のみ)とすることができ、工程を大幅に短縮することができる。また、金型要部と枠部とを別途に作製して合体するようにしたので、運搬や保管等の取り扱いも容易となる。
技術概要
金型を運搬する運搬手段に搭載するための枠部を有する成形用金型を作製する際に、樹脂成形品の3次元CADデータを用いて、キャビティを含む金型要部の3次元CADデータと加工データとを作成した後、上記金型要部を上記加工データに基づいて直彫りにて作製し、上記作製された金型要部を、別途作製された枠部と合体させるようにしたことを特徴とする樹脂成形用金型の作製方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT