耐震パッド、碍子機器取付構造、及び変電設備用機器

開放特許情報番号
L2013001406
開放特許情報登録日
2013/7/10
最新更新日
2013/7/10

基本情報

出願番号 特願2002-189387
出願日 2002/6/28
出願人 株式会社ブリヂストン
公開番号 特開2004-032959
公開日 2004/1/29
登録番号 特許第4497795号
特許権者 株式会社ブリヂストン
発明の名称 耐震パッド、碍子機器取付構造、及び変電設備用機器
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 耐震パッド、碍子機器取付構造、及び変電設備用機器
目的 碍子機器の形状や材料を変更することなく、地震時の破損や転倒などを効果的に防止可能な耐震パッド、碍子機器取付構造、及び変電設備用機器を得ること。
効果 碍子機器の形状や材料を変更することなく、地震時の破損や転倒などを効果的に防止できる。
技術概要
変電設備を構成する機器本体と、この機器本体に取り付けられる碍子機器との間に介在される耐震パッドであって、
中実の環状ゴムで構成され碍子機器の振動周期をみかけ上長周期化する弾性部材と、
前記弾性部材に取り付けられて碍子機器への取付用とされる上連結フランジと、
前記弾性部材に取り付けられた下連結フランジと、
前記下連結フランジの下側で下連結フランジに接触して取り付けられ前記機器本体への取付用とされる取付フランジと、
を含んで構成されていることを特徴とする耐震パッド。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT