IA00−012JP 電子機器の冷却装置

開放特許情報番号
L2013001393
開放特許情報登録日
2013/7/9
最新更新日
2013/7/9

基本情報

出願番号 特願2000-318578
出願日 2000/9/12
出願人 日本サーモスタット株式会社
公開番号 特開2002-094276
公開日 2002/3/29
登録番号 特許第4397114号
特許権者 日本サーモスタット株式会社
発明の名称 電子機器の冷却装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 電子機器の冷却装置
目的 小型化・薄型化された電子機器の水冷却装置を提供する。
効果 液流路内に空気を残存することが無く、熱伝導効率に優れ、また放熱性の向上を図ることができるとともに、冷却液の漏水を防止することができる。
技術概要
 
電子機器に搭載された発熱体を冷却する液冷機構と強制空冷機構とからなる電子機器の冷却装置であって、前記液冷機構は、本体に発熱体の発熱部位に接触し発生熱を吸収する受熱面を有すると共に冷却液を循環させる液流路を形成し、該液流路はガスケットを介して積層状に密閉する吸熱器カバーとからなる吸熱器と、前記液流路内へ冷却液をインペラにより循環するウォーターポンプ部とからなり、前記強制空冷機構は、モータ駆動によるファンと、前記本体及び本体ハウジングに形成された放熱フィンとからなり、前記液冷機構のウォーターポンプ部と液流路を一体的な構造体とする構造とし、ファンの回転軸とイシペラの回転軸を同軸上に設置した
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 実施条件についてはお問い合わせください。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】  アメリカ合衆国
Copyright © 2017 INPIT