2重グラジオメータおよび脳磁場測定装置

開放特許情報番号
L2013001391
開放特許情報登録日
2013/7/9
最新更新日
2013/11/29

基本情報

出願番号 特願2012-051260
出願日 2012/3/8
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2013-183892
公開日 2013/9/19
登録番号 特許第5224486号
特許権者 学校法人金沢工業大学
発明の名称 2重グラジオメータおよび脳磁場測定装置
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 2重グラジオメータおよび脳磁場測定装置
目的 人工内耳装置を装着した被験者の脳磁場を測定する。
効果 聴覚に起因して脳で生じる電流源(C)の近くに人工内耳装置の磁石(D,I)が存在する場合でも、磁石(D,I)からの磁場の影響を抑制でき、電流源(C)からの磁場を好適に検出できる。これにより、人工内耳装置を装着した被験者における聞こえ状態を、被験者の意思伝達能力(例えば子供は大人よりも低い)に左右されずに、客観的に測定可能となる。
技術概要
人工内耳装置の磁石D,Iに対する磁場検出感度が極小である信号検出用グラジオメータ1と、聴覚に起因する脳内の電流源Cに対する磁場検出感度が極小であるレファレンス用グラジオメータ2とを、同一のコイルボビンに装着した2重グラジオメータ10と、信号検出用グラジオメータ1で得た信号検出用データとレファレンス用グラジオメータ2で得たレファレンス用データとを加重加算して信号データを求める演算手段24を具備する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT