フレキシブル配線基板及びその実装構造

開放特許情報番号
L2013001390
開放特許情報登録日
2013/7/9
最新更新日
2017/6/26

基本情報

出願番号 特願2013-063891
出願日 2013/3/26
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2014-192208
公開日 2014/10/6
発明の名称 フレキシブル配線基板の実装構造及びその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 フレキシブル配線基板及びその実装構造
目的 有機系材料をフィルム基板とすることによる可撓性等の特徴を損なうことなく、併せて優れた電気的特性を素なるフレキシブル配線基板及びフレキシブル配線基板の実装構造を提供する。
効果 十分な可撓性を備え、かつ低抵抗で耐電流密度の高い配線を備えることから、フィルム基板の可撓性を損なうことなく、かつ電気的特性の優れたフレキシブル配線基板として提供される。また、フレキシブル配線基板の実装構造によれば、配線材としての抵抗を小さくすることに加えて、低電圧駆動を可能にし、動作時におけるエネルギー損失を抑えることができる。
技術概要
本発明に係るフレキシブル配線基板は、可撓性を有するフィルム基板に、ナノメタルとカーボンナノチューブとの複合材からなる配線が設けられているフレキシブル配線基板である。前記ナノメタルがAgナノメタルであり、前記カーボンナノチューブが多層カーボンナノチューブ(MWCNT)からなる配線を備えるフレキシブル配線基板は、正孔をキャリアとする素子の搭載用として好適に用いることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT