吸着材

開放特許情報番号
L2013001383
開放特許情報登録日
2013/7/9
最新更新日
2017/1/25

基本情報

出願番号 特願2013-058340
出願日 2013/3/21
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2014-181227
公開日 2014/9/29
発明の名称 セルロースへの吸着材
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 アミノ酸配列を有するタンパク質を利用した吸着材
目的 疎水面に高い吸着能を有する吸着材を提供する。
効果 本発明を適用した吸着材は、例えば、組換えタンパク質のタグや、セルロースへの吸着、またはセルロースの酵素分解性の制御に用いられる。
疎水面と強く疎水結合し、疎水面を有する対象材料に強く吸着する。従って、目的タンパク質の検出や精製、セルロースへの担持や結合等、各種用途に用いることができる。
技術概要
吸着材は、結合モジュールの立体構造上において、同一表面上に配置された第1芳香族アミノ酸(トリプトファン、Trp)、第2芳香族アミノ酸(チロシン、Tyr)および第3芳香族アミノ酸(チロシン、Tyr)と、該第3芳香族アミノ酸に近接する第4芳香族アミノ酸(チロシン、Tyr)をアミノ酸配列中に含む結合モジュール(IpxXyn10B-CBM1)を有するタンパク質(酵素)からなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT