イメージスケール作成方法、その装置、及びイメージスケール作成プログラム

開放特許情報番号
L2013001359
開放特許情報登録日
2013/7/5
最新更新日
2013/9/26

基本情報

出願番号 特願2008-214048
出願日 2008/8/22
出願人 学校法人関西学院
公開番号 特開2010-049548
公開日 2010/3/4
登録番号 特許第5303758号
特許権者 学校法人関西学院
発明の名称 イメージスケール作成方法、その装置、及びイメージスケール作成プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 イメージスケール作成技術
目的 複数の刺激の各刺激間の類似性に関する印象アンケートと、代表刺激に対する形容詞による印象アンケートに基づいてイメージスケールを容易に作成し得るイメージスケール作成方法、その装置、及びプログラムを提供する。
効果 全ての刺激についてアンケートを行う作業を不要にして、複数の刺激における各刺激間の印象についてのアンケート作業のみで、全刺激に対するイメージスケールを構築することができる。
印象の差を顕在化することが可能となり、残りの刺激のイメージスケール上でのマッピング座標値をより精度良く算出できる。
各刺激についての形容詞との印象の関連性を容易に視認乃至は認識することが可能となる。
環境にマッチングしたコード進行を有する楽曲の選出、及び作曲、編曲を容易化できる。
技術概要
イメージスケール作成装置1は、複数のコード進行における各コード進行間のアンケートにより得られた印象情報及び該印象情報から得られた代表としての所要数の代表コード進行を受け付けて取り込むデータ取得部101と、代表コード進行に対して得られた複数の形容詞に対するアンケート評価結果を受け付けて取り込み、かつ因子得点算出部103で所要数の因子における因子得点に変換し、さらに該所要数の因子に基づくイメージスケールの空間上の座標値として算出する第1マッピング処理部104と、残りのコード進行の各々について各代表コード進行との印象情報と、イメージスケール上の各代表コード進行の座標値とから、残りのコード進行のそれぞれについてイメージスケールの空間上の座標値を算出する第2マッピング処理部105とを備えた。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人関西学院

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT