接合部材、その形成方法及び装置

開放特許情報番号
L2013001272
開放特許情報登録日
2013/6/26
最新更新日
2016/7/27

基本情報

出願番号 特願2012-120803
出願日 2012/5/28
出願人 国立大学法人広島大学
公開番号 特開2013-244516
公開日 2013/12/9
登録番号 特許第5946060号
特許権者 国立大学法人広島大学
発明の名称 接合部材、その形成方法及び装置
技術分野 機械・加工、金属材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 接合部材
目的 高温でも使用可能で且つ高い柔軟性を持つ低価格な鉛フリー接合部材を提供する。
効果 本発明によると、高温でも使用可能で且つ高い柔軟性を持つ低価格な鉛フリー接合部材を提供することができる。
また、本発明は、例えばパワー半導体等の電子デバイスや電気機器等に使用される接合部材として有用である。
技術概要
接合部材10は、錫を主成分とする三次元網目状構造12を持つ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT