メタン活性の測定装置

開放特許情報番号
L2013001231
開放特許情報登録日
2013/6/24
最新更新日
2013/6/24

基本情報

出願番号 特願2002-183221
出願日 2002/6/24
出願人 アサヒビール株式会社
公開番号 特開2004-028693
公開日 2004/1/29
登録番号 特許第3608739号
特許権者 アサヒグループホールディングス株式会社
発明の名称 メタン活性の測定装置
技術分野 機械・加工
機能 検査・検出、環境・リサイクル対策
適用製品 汚泥等の試料のメタン活性を測定するための測定装置
目的 メタン発酵を用いる嫌気性廃水処理において、汚泥のメタン活性値であるメタンガスの圧力(圧力変化)を測定する装置。
効果 汚泥中に発生する炭酸ガス吸収装置(手段)を必要としないため、小型であり、かつ簡便な方法でメタンガス圧を測定することができる。
技術概要
 
【請求項1】
試料のメタン活性を測定するための測定装置であって、試料を収容してメタンガス及び炭酸ガスを発生させる容器と、前記容器内で発生するメタンガス及び炭酸ガスを含むガスの圧力を検出する圧力センサと、前記圧力センサによって検出される圧力に基づいて該試料のメタン活性に関する特性値を演算する演算器と、を備え、前記演算が、前記圧力センサによって検出される圧力をメタンガスの分圧に換算する補正演算を含むことを特徴とする測定装置。

【請求項2】
前記容器の上部を密閉するための蓋部を含む上部構造体を更に備え、前記容器内に試料を収容して前記容器に前記上部構造体が装着された状態において前記蓋部の内側の面が該試料の上面に対して空間を介して対面するように構成されていることを特徴とする請求項1に記載の測定装置。

【請求項3】
前記測定装置が試料から発生する炭酸ガスを吸収する手段を備えない場合においても所定の精度で該試料のメタン活性に関する特性値を演算することができるように前記補正演算が決定されていることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の測定装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

技術供与

サンプルの開示 【有】
サンプル1 試作機

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 
必要環境 【無】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT