感性・技能評価方法および評価システム

開放特許情報番号
L2013001186
開放特許情報登録日
2013/6/19
最新更新日
2013/6/19

基本情報

出願番号 特願2010-001597
出願日 2010/1/6
出願人 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
公開番号 特開2011-141706
公開日 2011/7/21
発明の名称 感性・技能評価方法および評価システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 操作感や操作技能を定量的に評価する感性・技能評価方法および評価システム
目的 技能や感性を定量的に評価する評価指標を備え、人間の姿勢に近い姿勢を自動的に計算できる評価方法および評価システムを提供する。
また、シミュレーションにおける再現やモデル化が困難な製品もしくは複雑な操作や運動に対して、その操作性や効率性を評価できる評価方法および評価システムを提供する。
効果 本発明の感性・技能評価システムによれば、技能や感性を定量的に評価でき、自然な姿勢を自動的に計算できる。これは、開発段階のシミュレーションモデルであっても評価が可能である。
また、本発明のロボットを用いた感性・技能評価システムによれば、シミュレーションにおける再現やモデル化が困難な製品や複雑な操作や運動に対して、その操作性や効率性を評価でき、製品の操作感などの感性、技能の評価、リハビリ評価など、あらゆる運動・動作の効率性を評価することができる。
本発明は、医療分野への応用も可能である。
技術概要
筋腱骨格モデルを用いて操作時のユーザの筋負荷を推定し、生理学的知見に基づいた評価指標を用いて、操作の効率性を評価する。すなわち、本評価システムは、操作対象物の操作姿勢を決定するための操作姿勢決定部と、操作姿勢決定部で決定された操作姿勢における腱張力を筋腱骨格モデルから推定する腱張力推定部と、腱張力推定部で推定された各腱の腱張力から筋活動余裕度を推定する筋活動余裕推定部と、筋活動余裕推定部で推定された各腱の筋活動余裕度から導かれる合計値などの値を該操作姿勢の評価値とする評価値算出部とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT