光学活性を有するポリシランの製造方法

開放特許情報番号
L2013001185
開放特許情報登録日
2013/6/19
最新更新日
2013/6/19

基本情報

出願番号 特願2010-017266
出願日 2010/1/28
出願人 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
公開番号 特開2011-153270
公開日 2011/8/11
発明の名称 光学活性を有するポリシランの製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光学活性を有するポリシランの製造方法
目的 キラルな化学源を使用せずに、アキラルな側鎖を有するポリシランとアキラルな溶媒とを使用して、左回りまたは右回りのらせん状構造を有することにより光学活性を有するポリシランを提供する。
効果 キラルな化学源を使用せずに、左回りまたは右回りのらせん状構造を有することにより光学活性を付与することができる。
また、本発明は、医薬、農薬、液晶等の分野に利用することができる。
技術概要
アキラルな側鎖を有するポリシランと、炭素数が6以上16以下の範囲内である炭化水素、炭素数が3以上11以下の範囲内であるアルコール、エーテル、炭素数が1以上3以下の範囲内であるニトリルおよびN,N−ジメチルホルムアミドからなる群より選択される少なくとも1種のアキラルな溶媒と、を混合し、アキラルな溶媒の温度が、110℃以下である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT