植物の栽培方法

開放特許情報番号
L2013001183
開放特許情報登録日
2013/6/19
最新更新日
2013/6/19

基本情報

出願番号 特願2011-054313
出願日 2011/3/11
出願人 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
公開番号 特開2012-187063
公開日 2012/10/4
発明の名称 植物の栽培方法
技術分野 食品・バイオ
機能 環境・リサイクル対策、制御・ソフトウェア
適用製品 植物の世代を促進させる方法
目的 植物の世代を促進させる方法に関し、二酸化炭素濃度を制御した栽培空間で単子葉植物の世代を促進させる方法を提供する。
効果 一世代に要する期間を短縮できる。具体的には植物の開花までの期間を短縮し、より早く種子を得ることができる。また、世代促進により、品種改良に要する時間を短縮することができる。
技術概要
栽培空間の二酸化炭素濃度を大気中の二酸化炭素濃度を上回るように調節することにより、単子葉植物の世代促進短期間で達成させる。また、これに加え分げつの除去を行うことでより世代を促進短期間で達成させる。さらにこれらに加え胚救済をおこなうことで単子葉植物の世代促進を短期間で達成させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT