インタフェースシステム

開放特許情報番号
L2013001181
開放特許情報登録日
2013/6/19
最新更新日
2015/10/20

基本情報

出願番号 特願2011-169022
出願日 2011/8/2
出願人 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
公開番号 特開2013-033382
公開日 2013/2/14
登録番号 特許第5794526号
特許権者 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
発明の名称 インタフェースシステム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 インタフェース技術
目的 身体をセンシング領域とするインタフェースにおいて、使用者が気軽に常時装着することが可能で、使用者の意図する多様な入力情報を少ないセンサ構成で安定的して生成できるインタフェースシステムを提供する。
効果 使用者の骨を伝達経路とする骨導音をセンシングすることにより、入力インタフェースとしての利用が可能である。特に、腕に振動入力用アクチュエータと骨伝導マイクロフォンを装着し、肘の屈曲角の推定、腕をタップしたときに衝突位置の推定を行うことにより、屈曲角推定と衝突位置推定の同時利用が可能となる。これにより、使用者にとっても簡単で分かりやすい2つのジェスチャ(肘の屈伸・屈曲、腕へのタップ)を用いて、多くの入力情報を生成できるインタフェースシステムを構成することができる。
技術概要
身体に装着された振動入力用アクチュエータで骨導音を発生させ、身体に装着された骨伝導マイクロフォンで身体の姿勢や身体への接触に対する骨導音の信号の変化を取得し、信号変化から身体の姿勢や接触位置を推定し、入力情報を生成するインタフェースシステムである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT