フォトクロミック化合物、追記型光記録分子材料、表示材料及び蛍光ラベル材料

開放特許情報番号
L2013001176
開放特許情報登録日
2013/6/19
最新更新日
2015/5/20

基本情報

出願番号 特願2010-200091
出願日 2010/9/7
出願人 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
公開番号 特開2012-056861
公開日 2012/3/22
登録番号 特許第5700400号
特許権者 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学
発明の名称 フォトクロミック化合物、追記型光記録分子材料、表示材料及び蛍光ラベル材料
技術分野 有機材料、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 追記型光記録分子材料、表示材料、蛍光ラベル材料
目的 記録保持性、耐久性に優れ、且つ、情報記録時に体積変化を伴わない高感度光記録媒体として有用なフォトクロミック化合物、及びこれを用いた追記型光記録分子材料、表示材料及び蛍光ラベル材料の提供。
効果 光の照射によりフォトクロミック反応を起こし、開環体から吸収スペクトルが変位した閉環体に変化する。本発明のフォトクロミック化合物の特徴は閉環量子収率に比べて開環量子収率が非常に低いため、閉環体は安定性に優れる。このため、記録光や再生光の照射によって開環体に戻ることがほとんどない。
種々の光機能性材料として有用であり、特に、記録された情報が消失することがないことから、記録保持性、耐久性に優れた高感度光記録分子材料として有用である。
技術概要
フォトクロミック化合物は、左記添付図の一般式(1)で表されることを特徴とする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT