有機物分解用光触媒、並びに該光触媒の製造方法

開放特許情報番号
L2013001171
開放特許情報登録日
2013/6/19
最新更新日
2013/12/20

基本情報

出願番号 特願2012-105862
出願日 2012/5/7
出願人 国立大学法人長岡技術科学大学
公開番号 特開2012-143762
公開日 2012/8/2
登録番号 特許第5399530号
特許権者 国立大学法人長岡技術科学大学
発明の名称 有機物分解用光触媒、並びに該光触媒の製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 有機物の分解に用いられる光触媒、並びに該光触媒の製造方法
目的 毒性が低く、高い活性を有する有機物分解用光触媒等として有用な酸化セリウムを活性成分として含有する光触媒を提供する。
効果 毒性が低く、高い活性を有する有機物分解用光触媒等として極めて有用である。
メチレンブルーの分解のみならず、エタノールや油などの有機物質の分解、或いは排ガスなどに含まれる環境汚染物質の光分解反応や、各種の光合成反応等の幅広い分野にも適用可能なものである。さらには、本発明の光触媒の持つ低い毒性を生かして、医療用光触媒や環境用光触媒としての応用することができる。
技術概要
(1)酸化セリウムに、(2)異種元素としてランタンを添加し、さらに(3)助触媒として白金を担持することにより水及び有機物分解用光触媒を構成する。この光触媒は、(1)酸化セリウムと、(2)ランタンを含む化合物を混合し、得られた前駆体を空気中で500〜1400℃の温度に加熱した後に、(3)助触媒として白金を担持することにより製造することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT