熱機関サイクル装置

開放特許情報番号
L2013001157
開放特許情報登録日
2013/6/19
最新更新日
2013/6/19

基本情報

出願番号 特願2009-159393
出願日 2009/7/6
出願人 国立大学法人長岡技術科学大学
公開番号 特開2011-012644
公開日 2011/1/20
登録番号 特許第5083835号
特許権者 国立大学法人長岡技術科学大学
発明の名称 熱機関サイクル装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 温度差熱機関サイクル装置
目的 正味熱効率を増大するとともに小型化及び柔軟なレイアウト設計が可能な新しい熱機関サイクル装置を提供する。
効果 従来のランキンサイクル装置等で必須でありかつ正味熱効率低下の主要因となっていた作動流体ポンプを用いることなく熱機関サイクルを作動できるため、正味熱効率を向上することができる。また、装置のレイアウト設計に柔軟性を持たせることができるとともに、作動流体の密閉性を確保することができる。
また、作動流体に沸点が水の沸点以下でありかつ熱源の温度域に適合する流体を選択すれば、温度が低くかつ高分散性の熱源(工場排熱、自動車排熱など)に本発明の熱機関サイクル装置を最適に適用でき、正味熱効率をさらに向上することができる。
技術概要
熱機関サイクル装置10は、作動流体19を収容する熱交換器HX1,HX2と、連結管18と、制御弁11と、膨張機12と、熱源1又は冷却源2からの熱源流体を熱交換器HX1,HX2に案内する導入管16,17と、導入管16,17に案内される熱源流体を切り替える流路切替弁14と、膨張機12前後の作動流体19の圧力差を監視し、設定上限値に到達したときに制御弁11を開放して作動流体19の流通を行い、開放後に圧力差が設定下限値に到達したときに流路切替弁14を切り替えて導入管16,17に案内される熱源流体を切り替える制御装置15と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT