曲板または円筒を前縁とする平板羽根の軸流タービン風車

開放特許情報番号
L2013001144
開放特許情報登録日
2013/6/18
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2011-127728
出願日 2011/5/19
出願人 国立大学法人 琉球大学
公開番号 特開2012-241705
公開日 2012/12/10
登録番号 特許第5780636号
特許権者 国立大学法人 琉球大学
発明の名称 曲板または円筒を前縁とする平板羽根の軸流タービン風車
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 平板羽根の軸流タービン風車
目的 ウエルズタービンの欠点を改善して、短い起動時間で所定の回転数に達するタービン、或いは作動回転数域の広い製作が容易な低コストのタービンを開発する。
効果 従来のウエルズタービンの欠点を改善し、無回転から所定の回転数までの起動時間を大幅に短縮し、かつ低回転数域においても高トルクを発生しながら回転を持続して稼動することができる。また、製作が比較的容易で、かつ製造設備を廉価に製造できること等も大きな特徴であり、比較的小規模の分散電力用発電機として実用性に優れる。
本タービンが実用化されれば、波力発電用や風力発電用、あるいは揚水装置や交通機関の駆動源として大いに利用され、社会的にも大きな貢献ができる。
技術概要
当該羽根板本体は、厚さ一様で、かつ捻じれがないので、従来の翼型の軸流タービンと比較して、軽量化と製作が容易であり、製造設備の廉価を計れる。かつ当該軸流タービン風車は、羽根板の前縁に円筒などの丸みの付加により、静止時から定常回転までの起動時間を大幅に短縮でき、従って、停止時の軸負荷トルクが大きくできるため、低中回転数域でも回転を持続できる性能を有し、作動範囲が広いものとなっている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT