導電性材料及びその製造方法

開放特許情報番号
L2013001118
開放特許情報登録日
2013/6/17
最新更新日
2017/9/1

基本情報

出願番号 特願2014-548611
出願日 2013/11/21
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 WO2014/080974
公開日 2014/5/30
発明の名称 カーボンナノチューブ及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 カーボンナノチューブ及びその製造方法
目的 硫黄を内包した新規な構造を備えるカーボンナノチューブを提供する。
効果 カーボンナノチューブに硫黄が鎖状に内包されることにより硫黄鎖が金属化され、カーボンナノチューブと硫黄とが複合化された導電性材料として利用することができ、カーボンナノチューブと硫黄の用途を拡大することができる。
技術概要
本発明に係るカーボンナノチューブは、硫黄原子が鎖状に連なる硫黄鎖が内包されてなるものであり、前記硫黄鎖は、直線構造あるいはジグザグ構造の一次元結晶構造をとり、金属化することによって優れた導電性を発現する。硫黄を内包する単層カーボンナノチューブは導電性に優れ、硫黄を内包したカーボンナノチューブを用いて導電性に優れたシート体を構成することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡についての可・不可はその時の状況によります。

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT