日焼けの原因遺伝子

開放特許情報番号
L2013001042
開放特許情報登録日
2013/6/13
最新更新日
2015/10/20

基本情報

出願番号 特願2011-071082
出願日 2011/3/28
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2012-200251
公開日 2012/10/22
登録番号 特許第5800180号
特許権者 国立大学法人 長崎大学
発明の名称 日焼けの原因遺伝子
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 紫外線感受性症候群
目的 紫外線感受性症候群の原因となる遺伝子異常を解明する。さらにNER欠損を伴う疾患の診断剤や、検査・診断方法を提供すること、並びにNER欠損の改善剤、NER欠損を伴う疾患の予防・治療剤を提供する。
効果 日焼けの原因遺伝子が解明できたことにより、紫外線感受性症候群のような日焼けが症状として出る疾病の診断や日焼け予防薬のスクリーニングが可能になる。また、NER機構の解明の有力なツールを提供することができる。
技術概要
紫外線感受性症候群の原因遺伝子としてのKIAA1530遺伝子の提供。KIAA1530に対する抗体、KIAA1530をコードする塩基配列もしくはその一部を含む核酸、またはKIAA1530をコードする塩基配列若しくはその一部に相補的な塩基配列を含む核酸を含有してなる、NER欠損を伴う疾患(特に紫外線感受性症候群)の診断剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT