神経変性疾患モデル非ヒト哺乳動物

開放特許情報番号
L2013001039
開放特許情報登録日
2013/6/13
最新更新日
2016/9/22

基本情報

出願番号 特願2012-026636
出願日 2012/2/9
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2013-009662
公開日 2013/1/17
登録番号 特許第5979629号
特許権者 国立大学法人 長崎大学
発明の名称 神経変性疾患モデル非ヒト哺乳動物
技術分野 食品・バイオ、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 線条体におけるプロサイモシンα遺伝子発現不全非ヒト哺乳動物
目的 線条体におけるプロサイモシンα遺伝子発現不全非ヒト哺乳動物および該動物を用いたハンチントン病等の予防/治療薬のスクリーニング方法の提供。
効果 本発明の線条体におけるプロサイモシンα遺伝子発現不全非ヒト哺乳動物によれば、ハンチントン病を含む神経変性疾患の新規予防/治療薬をスクリーニングすることができる。
技術概要
線条体においてプロサイモシンα遺伝子発現不全非ヒト哺乳動物であって、対応する野生型動物と比較して、
(1)脳虚血処置に対して脆弱である、
(2)運動性が劣る、
(3)加齢によって、上記(1)および(2)の症状を自然発症する、および
(4)ドパミンD2受容体アゴニスト、ドパミン代謝阻害剤、NMDA受容体拮抗剤またはドパミンD1受容体アゴニストによって上記(1)、(2)および(3)の症状が改善する、
ことを特徴とする動物など。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT