フィルム状エコーゲル及び超音波センサユニット

開放特許情報番号
L2013001035
開放特許情報登録日
2013/6/13
最新更新日
2013/6/13

基本情報

出願番号 特願2011-041518
出願日 2011/2/28
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2012-176197
公開日 2012/9/13
発明の名称 フィルム状エコーゲル及び超音波センサユニット
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 超音波センサ、フィルム状エコーゲル
目的 超音波透過率が高く、強度・柔軟性に富み、剥離後のべた付き感かなく、人体に安全であり、しかも使い捨てを可能にしたフルム状エコーゲル、及びこのフィルム状エコーゲルを有した超音波センサユニットを提供する。
効果 柔軟性と長時間の使用が可能な強度を有し、音響結合に最適な水を含有するため、超音波透過率が高い。人体に付着したときのべたつき感、あるいは剥離した後のべたつき感がなく、人体に安全であり、使い捨てを可能にする。
フィルム状エコーゲルの使い捨てが可能になり、人体に対し常に清潔で安全な状態で超音波による観察を可能にする。
技術概要
超音波センサと人体との音響結合に用いられるエコーゲルであって、
フィルム状に成型され水を含有した天然由来の高分子系ゲルから成る
フィルム状エコーゲル。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT