微細針を作製するための鋳型の製造方法および微細針の作製方法

開放特許情報番号
L2013001012
開放特許情報登録日
2013/6/6
最新更新日
2014/11/20

基本情報

出願番号 特願2010-179542
出願日 2010/8/10
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2012-034944
公開日 2012/2/23
登録番号 特許第5613493号
特許権者 学校法人 関西大学
発明の名称 微細針を作製するための鋳型の製造方法および微細針の作製方法
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 微細針を作製するための鋳型の製造方法および微細針の作製方法
目的 複雑な形状を有する微細針を作製するための鋳型の製造方法および微細針の作製方法を提供する。
効果 複雑な形状を有する微細針を作製することができる。
より広い医療範囲で使用できる微細針の鋳型および微細針の作製が可能となる。また、生体適合性を有する微細針を得ることができるので、採血する場合に微細針が折れて体内に残ってしまう場合であっても、血栓等ができることを防止できる。したがって、身体に優しい微細針を作製できる。
針模型100を作製するコストを削減でき、シリコン基板140上に多くの針模型100を固定することが出来るようになるので、微細針770の作製コストを削減することができる。
技術概要
先鋭状の先端部130を有する、シリコンで形成された針模型100をシリコン基板140に固定するステップと、前記シリコン基板140の前記針模型100を固定した面側に鋳型材料を堆積するステップと、前記シリコン基板140および前記針模型100を除去するステップとを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT