画像合成処理装置、画像分離処理装置、画像処理システム、画像合成処理方法、画像分離処理方法、画像処理方法、およびプログラム

開放特許情報番号
L2013001006
開放特許情報登録日
2013/6/6
最新更新日
2015/5/20

基本情報

出願番号 特願2011-087667
出願日 2011/4/11
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2012-222667
公開日 2012/11/12
登録番号 特許第5719665号
特許権者 学校法人 関西大学
発明の名称 画像合成処理装置、画像分離処理装置、画像処理システム、画像合成処理方法、画像分離処理方法、画像処理方法、およびプログラム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像合成処理装置、画像分離処理装置、画像処理システム、画像合成処理方法、画像分離処理方法、画像処理方法、およびプログラム
目的 原画像に対する挿入画像の合成または分離をより簡素にする画像処理装置、画像処理システム、画像処理方法、およびプログラムを提供する。
効果 本発明に係る画像合成処理装置、画像分離処理装置、画像処理システム、画像合成処理方法、画像分離処理方法、画像処理方法、およびプログラムによれば、原画像に対する挿入画像の合成または分離をより簡素にできるという優れた効果を奏する。
技術概要
少なくとも1つの挿入画像を原画像に合成する画像合成処理装置であって、
ブロック化された挿入画像の量子化データである各要素の位置に対して所定の方向で隣接する位置に、各要素のデータ量に等しくブロック化された所定の符号要素を挿入して、埋込画像を作成する埋込画像作成部と、
埋込画像に含まれる挿入画像の要素と該要素に対して挿入された符号要素とのそれぞれに、ブロック化された原画像の量子化データに含まれる要素のうちの1つを対応させて合成すべく、原画像の量子化データの各要素を複製することで原画像を所定の方向に伸長して伸長原画像を作成する伸長原画像作成部と、
所定の合成条件にしたがって、埋込画像に含まれる各要素と伸長原画像に含まれる各要素とを合成して合成画像を作成する合成画像作成部と
を備えることを特徴とする画像合成処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT