人工骨材及び該人工骨材の製造方法

開放特許情報番号
L2013001003
開放特許情報登録日
2013/6/6
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2010-258765
出願日 2010/11/19
出願人 学校法人 関西大学
公開番号 特開2012-105915
公開日 2012/6/7
登録番号 特許第5785705号
特許権者 学校法人 関西大学
発明の名称 人工骨材の製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、金属材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 人工骨材及び該人工骨材の製造方法
目的 骨組織成分を形成させる性能に優れる人工骨材を提供する。
また、該人工骨材の製造方法を提供する。
効果 本発明の人工骨材は、骨組織成分を形成する性能に優れている。
例えば、骨との結合が必要な硬組織代替材料として好適に用いられ得る。より具体的には、例えば、大腿骨ステム、人工歯根などに好適に用いられ得る。
技術概要
チタンを含む金属基材を、カルシウム含有化合物と炭酸アルカリ金属塩と水の存在下で加圧しつつ加熱する水熱処理を施すことにより、チタンを含む金属基材にチタン酸カルシウムと炭酸カルシウムを担持させて人工骨材を製造する方法、及びチタンを含む金属基剤にチタン酸カルシウムと炭酸カルシウムとが担持されてなる人工骨材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 関西大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT