高機能自閉症の発症危険度を判定する方法およびマーカー

開放特許情報番号
L2013000992
開放特許情報登録日
2013/6/4
最新更新日
2015/8/19

基本情報

出願番号 特願2011-536046
出願日 2010/10/14
出願人 国立大学法人浜松医科大学
公開番号 WO2011/045937
公開日 2011/4/21
登録番号 特許第5757627号
特許権者 国立大学法人浜松医科大学
発明の名称 高機能自閉症の発症危険度を判定する方法およびマーカー
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 その他
適用製品 自閉症者を早期に発見する方法
目的 生物学的マーカーを用いた、客観的で簡便な自閉症の発症危険度を判定する方法を提供する。
自閉症者を早期に発見することにより、自閉症者に早期に適切な治療を提供することを可能とする。
自閉症の発症危険度を判定するためのキット、および非ヒト哺乳類動物を用いた自閉症治療薬の候補物質のスクリーニング方法も提供する。
効果 初めて生物学的な高機能自閉症の発症危険度判定基準を定めることができた。また、末梢血の採取という簡便かつ被検者の負担が最小限に抑えられる方法によって実施することができる。
自閉症の早期、簡便かつ信頼性のある診断が可能となる。特にヒトの血液試料中の中性脂肪VLDL分画濃度を2段階で測定することによって、自閉症の診断補助を容易に行うことができる。
技術概要
被検者より単離された血漿または血清中の超低密度リポタンパク質を測定する工程を含み、血漿または血清中の超低密度リポタンパク質分画に含まれる中性脂肪濃度が、60mg/dl以下であるときに自閉症の発症危険度が高いと判断することを特徴とする、自閉症の発症危険度を判定する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT