熱可塑性セルロースシート、セルロース容器、及び熱可塑性セルロースシートの製造方法

開放特許情報番号
L2013000898
開放特許情報登録日
2013/5/29
最新更新日
2013/5/29

基本情報

出願番号 特願2001-339025
出願日 2001/11/5
出願人 レンゴー株式会社
公開番号 特開2003-138060
公開日 2003/5/14
登録番号 特許第3920075号
特許権者 レンゴー株式会社
発明の名称 熱可塑性セルロースシート、セルロース容器、及び熱可塑性セルロースシートの製造方法
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 熱成形可能なセルロースシート及びこのシートより得られた容器
目的 薄くてもコシがあり、シート又は容器を介して反対側のものが見える透明性を有し、かつ、熱成形可能な熱可塑性セルロースシートを提供することを目的とする。さらには、シート又は容器を介して反対側のものが見える透明性を有する熱可塑性セルロースシートを提供する。
効果 親水性熱可塑性樹脂を含有するので、従来のセルロースシートに比べ、薄くても、コシを持たせることができる。
また、熱成形が困難であったセルロースシートに比べ熱成形が可能となる。
さらに、セルロース成分として、セルロース溶液を凝固・再生したものを用いる場合、可視光透過率が向上するので、透明性が向上する。
技術概要
 
セルロース溶液と、水との接触角が45°以下である親水性熱可塑性樹脂との混合物を凝固・再生させることによって得られる、セルロースと上記親水性熱可塑性樹脂とからなるシートであり、上記親水性熱可塑性樹脂を20〜60重量%含有し、可視光透過率が40%以上である、熱可塑性セルロースシート。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 この熱可塑性セルロースシートは圧縮成型、真空成型により容易にセルロース容器に加工することができる。

登録者情報

登録者名称 レンゴー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT