細胞遊走調節剤

開放特許情報番号
L2013000865
開放特許情報登録日
2013/5/27
最新更新日
2015/10/20

基本情報

出願番号 特願2010-276777
出願日 2010/12/13
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2012-126652
公開日 2012/7/5
登録番号 特許第5791022号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 細胞遊走調節剤
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 細胞遊走調節剤
目的 細胞遊走の促進又は抑制を行うことができる細胞遊走調節剤、細胞遊走調節方法、及び当該調節剤を含む医薬組成物等を提供する。
効果 細胞遊走の促進又は抑制を行うことができる細胞遊走調節剤、例えば、細胞遊走促進又は抑制剤を提供することができる。
血管新生を促進する、創傷又は潰瘍を治療する、癌転移を抑制又は阻害する、あるいは血管新生を抑制又は阻害するための医薬組成物に用い得る点で、医学及び薬学の分野に応用可能であり、極めて有用なものである。
また、細胞遊走の促進により細胞(特に培養細胞)の展開を促進したり、細胞遊走の抑制により細胞(特に培養細胞)の上皮様配列の保持することにも有効に用い得るものである。
技術概要
血液凝固第9因子の全長、血液凝固第9因子の全長からトリプシンドメインを除いた部分、血液凝固第9因子の軽鎖、若しくは血液凝固第9因子のEGF1ドメイン、又は内皮細胞遺伝子座-1タンパク質のEGF3ドメインを含むペプチド、その誘導体あるいはこれらの塩を含むことを特徴とする、細胞遊走調節剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT