新規発酵食品

開放特許情報番号
L2013000862
開放特許情報登録日
2013/5/27
最新更新日
2015/3/26

基本情報

出願番号 特願2010-113418
出願日 2010/5/17
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2011-239709
公開日 2011/12/1
登録番号 特許第5686336号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 新規発酵食品
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 発酵食品およびその製造方法
目的 甘酒と乳とを配合した原料を乳酸菌によって発酵させてなる発酵食品の提供。
甘酒と乳とを配合した原料を乳酸菌させることにより、該発酵食品に含まれる甘酒由来の麹臭を低減する方法および乳酸菌の生菌数を高める方法の提供。
効果 本発明の甘酒由来の麹臭を低減する方法や、乳酸菌の生菌数を高める方法を使用することにより、甘酒を主要な原料とする、さらなる発酵食品の提供が可能となる。
長期冷蔵保存しても生菌数が高い食品であることから、プロバイオティクスとして優れた特性を有する保存可能な食品として広く流通することができる。また、本発明の発酵食品を通じ、甘酒および甘酒の原料となる米の消費量の増大につながる。
技術概要
甘酒と乳とを配合した原料を乳酸菌によって発酵させることで、甘酒由来の麹臭を低減するとともに乳酸菌の生菌数を高める方法を得た。該方法により甘酒由来の麹臭が低減され、乳酸菌の生菌数の高まり、甘酒と乳とを配合した原料を乳酸菌によって発酵させてなる発酵食品を得た。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT