乳酸エステルの合成方法

開放特許情報番号
L2013000855
開放特許情報登録日
2013/5/27
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2011-099962
出願日 2011/4/27
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2012-229189
公開日 2012/11/22
登録番号 特許第5780513号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 乳酸エステルの合成方法
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 乳酸エステル
目的 バイオディーゼル燃料の製造の際に副生するグリセリンを始めとし、各種の油脂から分離・生成されるグリセリンを用いて、乳酸エステルを反応装置の腐食や廃液処理の問題なく製造する方法を提供。
効果 バイオディーゼル燃料の製造の際の副生物、及び食品工業、油脂工業分野等から廃棄されるグリセリンを原料として、乳酸エステルをグリーンプロセスにより、アルカリ、酸を用いることなく製造することができる。また、高温高圧状態のアルコールを用いることで、反応装置の腐食などを防止でき、安価な反応装置とすることができ、又固体塩基触媒を用いることで、生成物、触媒の後処理が容易にできる。
技術概要
グリセリンを固体塩基触媒の存在下で、高温高圧状態のアルコールを反応媒体として用いて乳酸エステルを合成する方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT