展開型フェーズドアレイアンテナ

開放特許情報番号
L2013000851
開放特許情報登録日
2013/5/27
最新更新日
2015/3/26

基本情報

出願番号 特願2011-054866
出願日 2011/3/12
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2012-090253
公開日 2012/5/10
登録番号 特許第5672606号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 展開型フェーズドアレイアンテナ
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 展開型フェーズドアレイアンテナ
目的 収納時と展開時の投影面積比を高くでき、展開時に電気的に位相補正が可能な展開型フェーズドアレイアンテナを提供する。
効果 本発明の展開型フェーズドアレイアンテナには、収納時と展開時の投影面積比を高くでき、展開時に電気的に位相補正が可能であるという利点がある。
技術概要
展開型アレイアンテナは、基板10とアンテナ素子20と支持体30とヒンジ40と位相制御部50とからなる。アンテナ素子20は、複数の基板10上に配置される。支持体30は、基板10の少なくとも一側面に設けられる。そして、基板の厚みの倍数の突出量で基板から突出して延在する。ヒンジ40は、隣り合う基板の、基板の間又は基板と支持体の間を接続し、少なくとも180度の回転自由度を有する。そして、支持体30と組み合わせることで収納時に折り畳むと略基板1枚分の投影面積に折り畳めるように配置される。位相制御部50は、基板高さの違いにより生ずる位相誤差を、支持体の突出量に応じて位相補正する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT