水撃発生装置

開放特許情報番号
L2013000847
開放特許情報登録日
2013/5/27
最新更新日
2014/10/22

基本情報

出願番号 特願2011-041889
出願日 2011/2/28
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2012-177359
公開日 2012/9/13
登録番号 特許第5594734号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 水撃発生装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 水撃発生装置
目的 水撃発生装置において、水撃を発生させずに閉じてしまった排水弁を開いて所定の水撃を発生させ、その後は連続的に水撃発生動作を継続させることが可能な水撃発生装置を提供する。
効果 水撃が発生せずに排水弁が閉じて作動が停止してしまった場合でも、容易に排水弁を開き、水撃発生装置を再起動させることができる。このように、従来装置の欠点を除いた使用し易い水撃発生装置を提供することが可能である。
技術概要
水を送る導水管3と、この導水管3に連通する水撃タンク2と、この水撃タンク2の下流側に設けられた排水管10と、この排水管10を開閉する排水弁4とを有する。排水弁4の上流側に、導水管3又は水撃タンク2に連通する副排水管20を設けると共に、副排水管20の入口又はその途中に、副排水管20を開閉する開閉バルブ21を備えた第2の水撃発生手段を設けた。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT