チューブ内側を表面処理する装置およびその方法

開放特許情報番号
L2013000814
開放特許情報登録日
2013/5/27
最新更新日
2013/5/27

基本情報

出願番号 特願2011-125753
出願日 2011/6/3
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2012-251090
公開日 2012/12/20
発明の名称 チューブ内側を表面処理する装置およびその方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 チューブ内側を表面処理する装置およびその方法
目的 チューブ状高分子材料のチューブ内側を煩雑な操作をすることなく効率的に表面処理する装置およびその方法を提供する。
効果 煩雑な操作をすることなく効率的にチューブ状高分子材料のチューブ内側を表面処理することができる。
また、表面処理されたチューブ状高分子材料は、医療用デバイスの材料として使用することができ、人工血管、カテーテル、透析チューブ等への適用が期待される。
技術概要
チューブ状高分子材料のチューブ内側を表面処理するための装置であって、表面処理剤を収容するタンクと、前記チューブ状高分子材料を収容するマイクロ波照射器具と、前記タンクから、前記マイクロ波照射器具内部に設けられたチューブ状高分子材料のチューブ内側に、表面処理剤を供給する送液手段と、を備えることを特徴とするチューブ状高分子材料のチューブ内側を表面処理するための装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT