カーボンナノチューブ膜の製造方法

開放特許情報番号
L2013000759
開放特許情報登録日
2013/5/15
最新更新日
2015/5/20

基本情報

出願番号 特願2010-293835
出願日 2010/12/28
出願人 公立大学法人大阪府立大学
公開番号 特開2012-140284
公開日 2012/7/26
登録番号 特許第5717131号
特許権者 公立大学法人大阪府立大学
発明の名称 カーボンナノチューブ膜の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 カーボンナノチューブ膜
目的 CNTが均一に分散したCNT膜を得る。
効果 CNT溶液の供給、溶媒の蒸散、水洗という簡単な工程でほぼCNTのみからなる薄膜のCNT膜を細胞培養用の基材表面に形成できる。そして、このCNT膜を備えた細胞培養用の器具は、各種細胞の増殖促進だけでなく、骨芽細胞の分化も促進する。
技術概要
CNTと、水溶性キシランのようなCNTを可溶化する水溶性の可溶化剤と水系溶媒を混合して、CNTが溶解した溶液を作製する工程と、ガラス板などの細胞を培養するための基材の表面にCNTが溶解した溶液を滴下等に供給して、基材表面に液層を形成する工程と、液層を残した状態で前記水系溶媒を蒸散し、溶液中のCNTを析出させて、当該基材表面にCNTを沈着させる工程と、前記基材表面を水で洗浄する工程とによって基材表面に含むCNT膜を有する細胞培養用の器具を得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT