焼却汚泥からのリン酸の回収法

開放特許情報番号
L2013000748
開放特許情報登録日
2013/5/13
最新更新日
2015/3/2

基本情報

出願番号 特願2009-262131
出願日 2009/11/17
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2011-105546
公開日 2011/6/2
登録番号 特許第5664995号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 焼却汚泥からのリン酸の回収法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 環境・リサイクル対策、制御・ソフトウェア
適用製品 焼却汚泥から簡便な操作により、重金属をほとんど含まないリン酸又はその塩を選択的に回収する方法
目的 焼却汚泥中のリン酸を簡便な手段で効率良く回収すべく、焼却汚泥の水懸濁液に二酸化炭素を吹き込み、次いで固液分離し、ろ液を回収することを特徴とするリン酸又はその塩の製造法を提供する。
効果 特別な設備を必要とせず、簡便かつ省エネルギーの条件で、重金属含有量が低く、肥料その他の用途に直接応用可能なリン酸又はその塩を、焼却汚泥から効率良く回収することができる。
技術概要
焼却汚泥の水懸濁液に二酸化炭素を吹き込み、次いで固液分離し、ろ液を回収することを特徴とするリン酸又はその塩の製造法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT