伝搬遅延時間測定システム

開放特許情報番号
L2013000745
開放特許情報登録日
2013/5/13
最新更新日
2013/5/13

基本情報

出願番号 特願2009-516156
出願日 2007/12/25
出願人 学校法人日本大学
公開番号 WO2008/146427
公開日 2008/12/4
登録番号 特許第5008041号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 伝搬遅延時間測定システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 伝搬遅延時間測定システム
目的 精度の高い伝搬遅延時間を測定できる伝搬遅延時間測定システムを提供する。
効果 精度の高い伝搬遅延時間を測定できる伝搬遅延時間測定システムを提供することができる。
本発明に係る伝搬遅延時間測定システムは、パケット通信を行う通信ネットワークの保守及び管理に利用することができる。特に、通信ネットワークの特性、接続状況の確認やトラブルシューティングに利用することができる。
技術概要
送信時刻を格納した測定用パケットを複数連続して送信する伝搬遅延時間測定装置と、
前記伝搬遅延時間測定装置から送信された前記測定用パケットを前記伝搬遅延時間測定装置に返送する応答装置と、
を有する伝搬遅延時間測定システムであって、
前記応答装置は、直前の前記測定用パケットを受信した時刻から所定の時間内に受信した前記測定用パケットのみを前記伝搬遅延時間測定装置に返送し、
前記伝搬遅延測定装置は、前記応答装置から返送された前記測定用パケットを受信し、受信した前記測定用パケットのうちの少なくともいずれか1つを用いて前記伝搬遅延時間測定装置と前記応答装置との間の伝搬遅延時間を測定することを特徴とする伝搬遅延時間測定システム。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT