哺乳動物の不妊娠体質又は妊娠状態の検査方法、妊娠又は出産の調整方法、並びに免疫介在性疾患の予防・治療方法

開放特許情報番号
L2013000742
開放特許情報登録日
2013/5/13
最新更新日
2014/2/26

基本情報

出願番号 PCT/JP2007/071933
出願日 2007/11/12
出願人 学校法人日本大学
公開番号 WO2008/059798
公開日 2008/5/22
発明の名称 哺乳動物の不妊娠体質及び/又は妊娠状態の検査方法、並びに哺乳動物の妊娠の調整方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 哺乳動物の不妊娠体質又は妊娠状態の検査方法、妊娠又は出産の調整方法、避妊方法、並びに免疫介在性疾患の予防・治療方法
目的 哺乳動物において不妊娠体質又は妊娠状態を有効に検査する方法やその調整方法、また有効な避妊方法を、確立する。
効果 本発明によれば、哺乳動物の不妊娠体質や妊娠状態を有効に検査し、また、妊娠又は出産を有効に調整することができる。
また、哺乳動物を有効に避妊することができる。
さらに、哺乳動物の免疫介在性疾患、特にアレルギー/アトピー性皮膚炎の予防・方法を提供することができる。
技術概要
本発明の目的は、T細胞サブセットが産出するサイトカインの所定の比を用いて妊娠体質や妊娠状態を有効に検査することである。上記目的は、哺乳動物のTh1、Th2、及びTh3のCD4SP(シングル・ポジティブ)細胞内ゴルジ装置又は粗面小胞体内におけるThサイトカイン産生量を測定する第1の工程と、BL比とPL比を求め、これにより不妊娠体質(BL比)と妊娠状態(PL比)を判定する第2の工程と、を含む、哺乳動物の不妊娠体質及び/又は妊娠状態の検査方法によって達成される。
BL比:Th1/Th2
PL比:(Th2/Th3)/Th1
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT