コラーゲン分解阻害剤のスクリーニング方法

開放特許情報番号
L2013000741
開放特許情報登録日
2013/5/13
最新更新日
2015/3/26

基本情報

出願番号 特願2009-072185
出願日 2009/3/24
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2010-220561
公開日 2010/10/7
登録番号 特許第5679140号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 コラーゲン分解阻害剤のスクリーニング方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、情報・通信
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 コラーゲン分解阻害剤のスクリーニング方法および当該方法によって得られたコラーゲン分解阻害剤、コラーゲンゲルの分解を指標としたコラーゲン分解阻害剤のスクリーニング方法
目的 コラーゲン分解阻害剤のスクリーニング方法および当該方法によって得られたコラーゲン分解阻害剤の提供、コラーゲンゲルの分解を指標としたコラーゲン分解阻害剤のスクリーニング方法の提供。
効果 従来のスクリーニング方法と比較して、より生体に近い状態でコラーゲン分解阻害剤をスクリーニングすることが可能となった。本発明のスクリーニング方法によって得られるコラーゲン分解阻害剤は、コラーゲンの分解を病因とする疾病において、その疾病の治療薬の有効成分として用いることができる。
技術概要
三次元細胞培養を用いることで、より生体に近い状態でのスクリーニングが可能なコラーゲン分解阻害剤のスクリーニング方法を提供した。
コラーゲン分解能を有する細胞を三次元細胞培養によって培養することで、コラーゲン分解阻害剤がより生体に近い状態でスクリーニングできることを見出し、本発明を完成するに至った。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT