カニューラ

開放特許情報番号
L2013000717
開放特許情報登録日
2013/5/13
最新更新日
2013/5/13

基本情報

出願番号 特願2005-195871
出願日 2005/7/5
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2007-014368
公開日 2007/1/25
登録番号 特許第5007967号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 カニューラ
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 カニューラ
目的 円筒形状部材の内径寸法を大きくすることなく、手術用器具等のロッドの自由度を制限することなく、手術用器具等のロッド先端の手術用器具の動きも制限しないカニューラの提供。
効果 手術用器具を操作する際に、ロッドがスリット或いはその外側の領域に移動することが可能となるため、手術用器具の動き(運動)の自由度が高くなる。
円筒形状部材のスリットを広げることにより、手術用器具からカニューラを容易に取り外すことが出来る。さらに、スリットを介して円筒形状部材の内部を清掃することが可能であるため、器具の清潔な状態を保つことが出来る。
技術概要
円筒形状部材(2)を備え、該円筒形状部材(2)の一端部から他端部へ亘って連続したスリット(3)を形成し、当該スリット(3)は前記円筒形状部材(2)の中心軸と平行な直線を構成しており、前記円筒形状部材(2)の両端部における前記スリット(3)が形成されている部分は、反対側の端部に向って切れ込んだ形状(4,5)に構成されていることを特徴としている。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT