前駆脂肪細胞株

開放特許情報番号
L2013000712
開放特許情報登録日
2013/5/13
最新更新日
2013/5/13

基本情報

出願番号 特願平10-378013
出願日 1998/9/9
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2000-083656
公開日 2000/3/28
登録番号 特許第5055611号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 前駆脂肪細胞株
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 前駆脂肪細胞株の樹立方法
目的 動物の単胞性脂肪細胞由来の前駆脂肪細胞の新たな樹立方法及び該方法により得られる前駆脂肪細胞株を提供する。
効果 本発明により動物細胞由来の前駆脂肪細胞株を簡便にかつ短期間で再現性よく樹立することが可能となる。
本発明によって筋肉組織由来の前駆脂肪細胞株を樹立し、それらの特性を解明すれば、商品価値の高い畜肉生産を可能とする。
本発明により各部位由来の前駆脂肪細胞が各個体ごとに採取されることから、各部位ごとの脂肪細胞分化の特性を個体差を含めて詳細に比較検討することが可能となる。
技術概要
動物の単胞性脂肪細胞を天井培養し、天井面に細胞が接着した段階で、通常の培養法に戻して培養を継続し、細胞質に脂肪滴を有さない線維芽細胞様脂肪細胞となった段階で、遠心分離し、沈殿画分に分離された脂肪滴をまったく有さない線維芽細胞様脂肪細胞のみを継代培養することによって得られる該動物由来の前駆脂肪細胞株であって、細胞質に脂肪滴を持たず、また自発的な分化を起こさない、長期継代培養可能でありかつ長期継代培養後も増殖および分化特性を維持している前駆脂肪細胞株。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT