硬質塗膜の製造方法

開放特許情報番号
L2013000708
開放特許情報登録日
2013/5/13
最新更新日
2013/5/13

基本情報

出願番号 特願2003-287765
出願日 2003/8/6
出願人 学校法人日本大学
公開番号 特開2005-052774
公開日 2005/3/3
登録番号 特許第4856357号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 硬質塗膜の製造方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 硬質塗膜の製造方法
目的 基材に対するゾルの塗布性が良好で、膜厚の大きな硬質膜を得ることができ、クロムめっきに代替できる高硬度で色合いの良好な硬質塗膜の製造方法を提供する。
効果 塗布性が良好で、硬度の大きな、濡れ性の良好な硬質塗膜を形成することのできる硬質塗膜の製造方法を提供することができる。また、タンニン又はウルシオールを構成成分とする天然高分子を含有する複合ゾルを用いることにより、クロムめっきに代替可能な高硬度の硬質塗膜を形成することのできる硬質塗膜の製造方法を提供することができる。
技術概要
 
ハフニアおよび/またはジルコニアとタンニン若しくはウルシオールを構成成分とする天然高分子、及び/又は、(メタ)アクリル酸類若しくは単官能アクリレート類とを含有するゾルを基材の表面に塗布することによりゲル膜を得て、その後、該ゲル膜に紫外線照射して硬化塗膜を得ることを特徴とする硬質塗膜の製造方法。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT