金属イオン供給システム

開放特許情報番号
L2013000689
開放特許情報登録日
2013/4/26
最新更新日
2017/3/30

基本情報

出願番号 特願2011-090106
出願日 2011/4/14
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2012-217443
公開日 2012/11/12
登録番号 特許第5920759号
特許権者 学校法人 東洋大学
発明の名称 金属イオン供給システム
技術分野 食品・バイオ、機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 金属イオン供給システム
目的 液体中における金属ナノ粒子と金属イオンとを完全に分離して、金属イオンを供給できるようにした金属イオン供給システムを提供する。
効果 液体中に浸漬される金属付着微粒子は、基材上に吸着されているために、通常の状態では液体中で剥離することがなく、浮遊金属ナノ粒子となることがない。一方、液体中に浸漬された金属付着微粒子のナノ金属からは、金属イオンが解離して液体中に拡散する。したがって、液体中には、金属ナノ粒子が存在せずに、解離金属イオンのみとなり、この金属イオンだけを、例えば、細胞や生体組織に供給することができる。
技術概要
基材1の上に微粒子2が固相化されており、微粒子2の表面の一部がナノ金属層3で被覆されている。基材1は、容器の基底であったり、基板であったりする。金属付着微粒子10を液体中に浸漬することで、ナノ金属層3に基づいて発生する金属イオンを供給することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT