レーザアブレーションを用いた定量分析用の粉末試料ディスク及びその製造方法並びにそのための装置

開放特許情報番号
L2013000644
開放特許情報登録日
2013/4/19
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2012-110672
出願日 2012/5/14
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2013-238455
公開日 2013/11/28
登録番号 特許第5846440号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 レーザアブレーションを用いた定量分析用試料ディスクの製造方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、加熱・冷却
適用製品 粉末試料ディスク及びその製造方法並びにそのための装置
目的 分析結果の再現性を確保でき、しかも粉末試料ディスク作成時に有機溶剤を必要としない粉末試料ディスク及びその製造方法並びにそのための装置を提供する。
効果 粉末試料ディスクの作成時に、金属粉末と有機溶剤を用いないために分析装置への負担が軽減され、試料の取扱いも簡単になり、また、バインダーを溶融することがないので、溶融ロスによる試料−バインダー比に変動がなく、試料・バインダーの再分配も起らず、分析精度と再現性の低下を防止することができる。
本発明の粉末試料用ディスクは、レーザ照射中に崩れることがないので、安定した定量分析が可能となる。
技術概要
樹脂粉末と粉末試料を混合した後、樹脂を加熱により軟化し、冷却により再硬化して、粉末試料ディスクとすることにより、分析結果の再現性を確保することができる。また、該ディスクを製造するために、粉末試料ディスク作成時、個々の試料の圧力が一致するように調整することが可能な圧力緩衝機能付きの装置を用いるのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT