木材の木口面に凸状の模様を浮き上がらせる方法

開放特許情報番号
L2013000628 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2013/4/18
最新更新日
2013/4/18

基本情報

出願番号 特願2008-186640
出願日 2008/7/18
出願人 地方独立行政法人 岩手県工業技術センター
公開番号 特開2010-023329
公開日 2010/2/4
登録番号 特許第5140811号
特許権者 地方独立行政法人 岩手県工業技術センター
発明の名称 凸状模様体および模様構造製造方法
技術分野 生活・文化
機能 その他
適用製品 木工品
目的 木材の木口面に凸状模様構造を付与する製造方法を提供する。
効果 凸状になった木材のパーツとして木製品との複合化により差別化した木製品が可能になる。例えば仏具・神具などに活用することで付加価値の高い木製品の製造が可能になる。
技術概要
 
木材の木口面に金型を嵌入、嵌入された面の範囲までで他の面を切削等した後、座屈された部分を熱湯等により復元し、木口面に凸型の形状を図る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 協議による

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT