途絶した無線ネットワークにおける中継動作のためのメカニズム

開放特許情報番号
L2013000614
開放特許情報登録日
2013/4/16
最新更新日
2015/12/4

基本情報

出願番号 特願2011-092459
出願日 2011/3/31
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-217116
公開日 2012/11/8
登録番号 特許第5704710号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 途絶した無線ネットワークにおける中継動作のためのメカニズム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信
目的 途絶した無線通信ネットワークにおいて連続的なネットワーク接続を確保する中継機能を提供する。
効果 次からなるIEEE 802.16n GRIDMAN標準で検討されているネットワークにおけるマルチモード動作に中継支援を提供するMAC層に実装されるメカニズムを提供する。
(a)基地局(BS)間の中継サポートと、
(b)移動局(MS)間の中継サポートと、
(c)移動局と基地局との間の中継サポート。
技術概要
無線通信のメカニズムは、基地局(BS)間の中継サポートと、移動局(MS)間の中継サポートと、移動局と基地局との間の中継サポートとを、媒体アクセス制御(MAC)層に実装する。基地局間の中継サポートにおいて、当初BSが隣接局に要求メッセージを送出し、複数のメッセージ受信時にどの応答をアクノレッジするか決定し、決定後に確認メッセージを送出する。確認を受信すると、応答BSがステータスの更新と、次の局のためのスーパーフレームヘッダ(SFH)とHR−MAPの作成と、次の局のためのHRプリアンブルとSFHとHR−MAPの送信とを行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT