通信装置、データベース、通信制御方法

開放特許情報番号
L2013000598
開放特許情報登録日
2013/4/16
最新更新日
2015/10/22

基本情報

出願番号 特願2011-179359
出願日 2011/8/19
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2013-041517
公開日 2013/2/28
登録番号 特許第5791104号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 データベース、通信制御方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 通信装置、データベース、および通信制御方法
目的 TVWS環境下で動作するように構成された通信装置、およびこの通信装置に利用できるチャンネル情報を提供するデータベース、ならびにこのデータベースに問合せを行う通信装置の通信制御方法において、通信装置からデータベースへの問合せを処理する負担を軽減することが可能な通信装置、データベース、および通信制御方法を提供する。
効果 TVWS環境下で動作するように構成された通信装置、およびこの通信装置に利用できるチャンネル情報を提供するデータベース、ならびにこのデータベースに問合せを行う通信装置の通信制御方法において、通信装置からデータベースへの問合せを処理する負担を軽減することができる。
技術概要
データベースが、テレビジョン局不使用のチャンネルと、通信装置の動作領域との重なりが生じない保護領域を有するテレビジョン局のチャンネルと、をリストアップして通信装置に送出し、通信装置が、リストから、使うチャンネルを確保チャンネルとして選択し、自装置位置と識別子と確保チャンネルとを含む装置情報をデータベースに問合せのため送出し、データベースが、通信装置の新たな動作領域を特定し、確保チャンネルを使用しているテレビジョン局の保護領域のそれぞれについて、新たな動作領域との重なりが生じるか否かを点検し、結果、保護領域がすべて新たな動作領域との重なりを生じていない場合に、確保チャンネルが引き続き有効である旨の継続可能情報を生成して通信装置に送出し、通信装置が、確保チャンネルを引き続き用いるべく通信機能部を制御する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT