ホログラム生成装置およびホログラム生成方法

開放特許情報番号
L2013000593
開放特許情報登録日
2013/4/16
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2011-190069
出願日 2011/8/31
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2013-054068
公開日 2013/3/21
登録番号 特許第5831930号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 ホログラム生成装置およびホログラム生成方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ホログラム生成装置およびホログラム生成方法
目的 立体ディスプレイの視覚特性を満たし、被写体空間の立体構造を求める前処理を必要とせず、従来の点充填法に比べて高速にホログラムデータを生成することが可能なホログラム生成装置を提供する。
効果 平面から平面へ複素振幅分布の伝播によって、物体光データを生成するため、被写体を構成する点とホログラムすべての点とを対応付けて、すべての点において、光の回折を計算する従来の点充填法に比べ、計算量が少なく、高速にホログラムデータを生成することができる。
また、距離情報から、物体(被写体)の位置を特定するため、被写体空間の立体構造を求める前処理を必要とせず、実写画像からもホログラムデータを生成することができる。
技術概要
ホログラム生成装置1は、画像情報に位相を付加する位相付加手段10と、距離情報で特定される距離に応じて、位相が付加された画像情報をカメラCの画角に応じた大きさでフレネル変換し、加算することで、1次複素振幅分布を生成する画角付き物体光算出手段20と、複数のカメラCに対応した1次複素振幅分布を統合する統合物体光算出手段30と、統合した2次複素振幅分布である統合物体光複素振幅分布と参照光データとから、ホログラムデータ(干渉縞)を生成する干渉縞算出手段40と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT