フォトニック結晶

開放特許情報番号
L2013000591
開放特許情報登録日
2013/4/16
最新更新日
2016/7/29

基本情報

出願番号 特願2011-046586
出願日 2011/3/3
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-185217
公開日 2012/9/27
登録番号 特許第5946052号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 フォトニック結晶を用いた光検出方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 低バックグラウンド発光を実現するフォトニック結晶
目的 バックグラウンドノイズの発生を防止して高感度に光検出を行うことができるフォトニック結晶を提供する。
効果 バックグラウンドノイズの発生を防止して高感度に光検出を行うことができる。
本発明のフォトニック結晶は、バックグラウンドノイズの発生を防止して高感度に光検出を行うために有用である。
技術概要
所定の屈折率の媒質で構成される高屈折率部4と、高屈折率部4より屈折率の低い媒質で構成される低屈折率部5とによって周期的構造が形成されたフォトニック結晶1であって、高屈折率部4は、屈折率が二酸化ケイ素より高く、光の吸収スペクトルの吸収端が330nmより短波長側にある純物質または当該純物質を一部に含む化合物を含む低バックグラウンド発光材料を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT