光パケット・光パス統合ネットワークにおける光信号受信ノードシステム及びその構成方法

開放特許情報番号
L2013000587
開放特許情報登録日
2013/4/16
最新更新日
2015/12/4

基本情報

出願番号 特願2011-047031
出願日 2011/3/3
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2012-186571
公開日 2012/9/27
登録番号 特許第5807897号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 光パケット・光パス統合ネットワークにおける光信号受信ノードシステム及びその構成方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 光パケット・光パス統合ネットワークシステム及びそのシステムを用いた方法
目的 波長帯域の動的割当や強度変動に対応することができる受信ノードシステムを提供する。
効果 波長帯域の動的割当や強度変動に対応することができる受信ノードシステムを提供することができる。
特に,本発明は,光パケット用又は光パス用の波長帯域を分波した後に,それぞれの粒度に応じた光増幅器において強度補強を行わせることができる。
技術概要
波長帯選択器3と,複数の光増幅器4と,複数の波長分波器5と,複数のレシーバ6と,コンピュータ7とを含む光パケットと光パスとを統合した統合ネットワークにおける受信ノードシステム1。波長帯選択器3は,光パケットと光パスとを選別する。光増幅器4は,出力ポート2に接続され,入力光の強度を増幅する。波長分波器5は,波長に応じて入力光を分波する。レシーバ6は,光信号を受信する。コンピュータ7は,統合ネットワークの光パケット用及び光パス用の波長帯域の変動情報を受け取り,受け取った変動情報に基づいて,波長帯選択器3の中で光パケット用と光パス用の波長帯を分離し,光パケット信号及び光パス信号を,光パケット又は光パス用のレシーバと接続された出力ポート2に出力するよう,波長帯選択器3に指令を出す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT