金属吸着材とその製造方法及び金属吸着材を用いた金属捕集方法

開放特許情報番号
L2013000570
開放特許情報登録日
2013/4/15
最新更新日
2017/3/22

基本情報

出願番号 特願2012-108003
出願日 2012/5/9
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2013-027863
公開日 2013/2/7
登録番号 特許第5979712号
特許権者 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
発明の名称 金属吸着材とその製造方法及び金属吸着材を用いた金属捕集方法
技術分野 機械・加工、繊維・紙、金属材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 金属吸着材とその製造方法及び金属吸着材を用いた金属捕集方法
目的 溶液中に溶存する金属を捕集可能な金属吸着材とその製造方法及び金属吸着材を用いた金属捕集方法を提供する。
効果 本発明によれば、溶液中に溶存する金属を捕集可能な金属吸着材が得られる。
技術概要
高分子基材に、下記一般式(1)(イメージ図参照)で表わされるグリシジルアルキル(メタ)アクリレートのグラフト鎖が形成され、前記グラフト鎖はアミノ基又はスルホン酸基を有する金属吸着材。

(一般式(1)中、R↑1は水素原子又はメチル基を表わし、R↑2は炭素数4〜10の直鎖状又は分枝鎖状のアルキレン基を表わす。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT