ポリオール重合体及びメソ−エリスリトール重合体

開放特許情報番号
L2013000561
開放特許情報登録日
2013/4/12
最新更新日
2013/4/12

基本情報

出願番号 特願2002-118819
出願日 2002/4/22
出願人 レンゴー株式会社
公開番号 特開2003-055452
公開日 2003/2/26
登録番号 特許第4318426号
特許権者 レンゴー株式会社
発明の名称 ポリオール重合体及びメソ−エリスリトール重合体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ポリオール重合体
目的 より水酸基の多いポリオール重合体を提供する。
効果 エリスリトールを含むポリオールの重合体が得られ、また、構成モノマーをメソ−エリスリトール単独とすると、メソ−エリスリトール重合体が得られる。
また、エリスリトールは、グリセリンより水酸基が1つ多いので、得られるポリオール重合体は、ポリグリセリンに比べて親水性基が多くなり、界面活性剤、保湿剤等やその原料等に使用しても、得られる界面活性剤等の親水性はより向上する。
技術概要
 
メソ−エリスリトールを含むポリオールを構成モノマーとし、この構成モノマー2〜16分子を重合させた重合体を主成分とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ポリグリセリンと比較して分子鎖に2倍の水酸基を有する。
このため、例えば界面活性剤の原料等に使用した場合、界面活性剤の親水性が向上する。

登録者情報

登録者名称 レンゴー株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT